インクジェットは様々な素材へ利用できる魅力がある

   

インクジェットというと、年賀状などの印刷を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし専門業者に依頼することで、紙だけでなくもっとたくさんの可能性を秘めたプリントが可能となります。もちろんプリントする素材も紙だけではありません。大型の看板や布製ののぼりや垂れ幕など、利用できるものは多岐にわたります。
他の印刷機と比較すると、低コストで導入できるというメリットもあります。発色や美しさに定評があるので、ショーウインドウに貼るためのシートや垂れ幕用のテント生地への印刷といったことも可能です。
自社で行うことも可能ではありますが、失敗やロスが大きくなるというリスクも伴います。専門業者に依頼することで加工までの手間や失敗・生産に関わるロスを減らすことが出来るというメリットもあるのです。

自社で作成するかのように納期を短くする

インクジェット印刷を専門に行う企業は、もちろんその道のプロとなります。そのために様々な素材の問題点や難点を詳しく調査したうえで、迅速に対応することが出来るのです。もし短期間に制作を行いたいと自社で試みた場合、素人判断で進めることで余計なロスが発生し、結果として完成が遅れてしまうといったリスクも生じてしまいます。大きなもの・珍しい素材であっても、経験豊かな専門業者であれば本当の意味での納期短縮を達成することが出来ます。
一般的な垂れ幕であれば2日で納品が完了するというスピードであれば、断然業者に依頼した方がメリットは大きいのではないでしょうか。万が一の不良品等の対処であっても、専門的な知識があれば迅速な対応を求めることも可能で、大切なイベント等に間に合わせることも出来るでしょう。

オリジナル壁紙を作りたいという要望もOK

他の店との違いを見せたいと、店舗の内装にこだわる人もいます。しかし予算には限りがあるために、なかなか思い通りにいかないと悩む人も少なくありません。そんなときに利用したいインクジェット技術が壁紙への印刷です。
たくさんの既成壁紙のなかから選ぶのであれば、思い切って自分の好きながらやイラストを印刷してしまえば、他にはない唯一の壁紙とすることができます。こだわりの店舗を低予算で作ることも可能となるのです。
また壁紙はすぐには交換することが出来ないという場合でも、ロールスクリーンといったものであればもっと手軽に取り入れることも出来ます。家や店舗の窓をオリジナルのロールスクリーンで彩ることで、機能的にも視覚的にも満足のいく仕上がりとなるでしょう。こうしたメリットがある印刷技術なのです。